いかぞ徒然。(tCoNS統合)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相棒Season14-14『スポットライト』を観ました〜。

<<   作成日時 : 2016/02/03 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今週の相棒も終わりましたー。
面白かった!

以下、いつものようにネタバレありなので、嫌な方は回れ右でお願いします。








さて。

最後ちょっと、シーンというかセリフが詰め詰めで1分位足りないんじゃない?っていう感じはしましたが。
それ以外はいかぞ的に好みのでした。

展開としては結構新しく、でも構成として初期シーズン的な雰囲気もある話でしたね。
印象的な最後の漫才シーンの始まりを冒頭において、段々とそこへ近づいていくという作りがよかったです。

軽い笑いの雰囲気で始まりながら、実はこれは重いシーンでしたっていう。


今シーズンの中では、ミステリーとしてもしっかりした回だったように思いました。

動機が、直接的な痴情のもつれとかお金がらみとかよりも、さらに細かくリアルな心の動きから発生していたのが良かったです。


途中、伝さんへの右京さんのアプローチが怖かったですね。
コースケさんがいないことを知っていた矛盾の、逃げ場のない突っ込み方から、最後まで。
これぞ右京さん!っていう感じでした。

右京さんの、こういう容赦の無さがほんと大好きだわ(笑)。


最後、右京さんたちから聞いた事実から作ったコースケさんのネタが、なかなか痛かったです。
舞台側から観る演出があったから余計かな。

右京さんが、コースケさんに(冠城さん経由で)真実を伝えるという厳しさが更に怖かったですね。


右京さんは、コースケさんの人の良さをちゃんと見抜いていたんですかね。

あのコースケさんのネタ中に相方を追い詰めるという行動は、「コースケは伝と同じ(犯罪に手を染めるような)やり方で売れることは望んでいない」という前提がないと起こりませんから。

前科はあれど、そういうやり方をするタイプの人間ではないと分かっていたからこそ、わざとコースケさんに真実を伝え、伝さんが自ら罪を認める道を作ったということでしょうか。
元々、伝さんが「コースケが売れる道を作る」ことを目的にしていたと最初から読んでいたようですし、コースケさん側から追い詰めれば簡単に折れるだろうという目算はあったでしょうから。

いや、コースケさん自体がその事実を追求しない可能性も普通に考慮していた可能性のほうが高いかな。
警察から伝さんの犯罪を聞いた以上、もう伝さんが捕まる未来しか見えなくなることは確か。
伝さんを糾弾できないような性格だったとしても、平静ではいられなかったでしょう。
その場合は強い動揺でネタを続けられなくなったりしてしまったかもしれない。

つまりは、伝さん自信のしでかしたことで「笑いを取れないコースケ」を目の前で見ることになったわけです。

コースケさんの笑いを大事にしている伝さんにとって、それは何より辛いことになったのではないかなと思います。


結局は、右京さんは(冠城さん経由で)コースケさんに事実を伝えたことで、伝さんをどう転んでも逃げ道がない状況に追い込んだのではないでしょうか。

伝さんは心の強い人ではないから、コースケさんのために犯罪に手を染めたけれど、簡単にその罪を認めるだけの行動が取れない。

だからこそ、右京さんはコースケさんを利用して引導を渡したように思います。


結局は、コースケさんは自分で伝さんに向き合う道を選んだわけですが。
「お前が売れるために罪を犯すなら俺もやる」っていうのは、コースケさんが自分で言った言葉なんですかね。
それとも、そう言うように右京さんが仕向けたんでしょうか。
「コースケを売りたい」ことが夢になっている伝さんにとって、一番キツい言葉だったよなぁと思います。

だって、一緒に堕ちてきたら意味が無いんですから。

まさしく、引導となる一言。
コースケさん自身が言ったのだとしたら、とても切ない。
そして右京さんが仕掛けたんだとしたら、本気で怖いわ。


それにしても、そこにもっていくネタ描写のおっそろしいこと…
ああいう「笑い」の描写はぞっとしますね。
片方は笑いながら真実を糾弾していて、もう片方は追いつめられながら(でもそれをどこか望みながら)笑って話を受けていて、そして観客は何も知らずに「ネタ」だと受け取っているからこそ笑って観ているという。

それぞれの笑っている理由がぜんぜん違う。

なんというか、ピエロに感じる恐怖心的な、ぞわぞわしたものがあってよかったです。

以前あった、節約主婦の回のスタジオの笑いみたいな感じですね。
あの時はスローモーションが入ったから違う意味でも怖かったけれど(笑)。


この「ネタ」の描写が怖かったからこそ、すべてが明かされた後のアンコールは、コンビとしての先がない絶望的な状況にもかかわらず、ふっきれた感じがありましたね。

右京さんがアンコールに出ることを認めるあたり、落語の回を思い出しました。

右京さんって、罪と向き合った後、こういう「○○が終わってから」ということを認める時と認めない時があると思います。
覚えているだけでも、落語や映画(最後にもう一度観る)は許していました。

でも、「時効間近」とか最後のそれを認めないケースも何度かあったような。
本人の反省具合なのかな。
右京さんの裁量というより、本当に反省しているから逃げる可能性がゼロの人と、そこまでじゃなさそうな人とか。
自首かそうでないかもあるのかも。


ところで。
右京さんは、伝さんの罪が犯人隠避だと言っていましたが。
脅迫罪は加わらないんですかね?

奥さんが開き直って協力をもちかけてきたけれど、脅迫した事実は変わらない気がするのですが。
そこは奥さん自身が「目撃者を抱き込んだ」ってことで片付くのかなぁ。



それにしても、やっぱりこういう「相棒らしい」話になると、冠城さんの存在理由が分からないですねー(笑)。
なんでついてくるの。
なんで捜査するの。

尾行までついてくるとか、正直右京さんにとって邪魔なんじゃないかと思う(笑)。
だって、警察学校も行っていないから、捜査手法も何も学んでいないですし。
頭はいいだろうし法には詳しいでしょうけれども。

まあ手帳はないけど、法務省名義の名刺を持っているから、捜査は結構できちゃうんですかね。
捜査権はないと思うけれども、法務省の人が名刺を渡して質問をしたら普通の人は協力しちゃいそう。

いい加減、冠城さんのバックグラウンドをしっかりしてもらいたいんだけれど…やっぱり最終回までこのまま動かないんだろうなぁ〜。

いてもいなくても右京さん的に変わらない、っていうのが変な感じなんですよね。
捜査において信頼するだけの設定がないので、右京さんとも他の人間とも関係が薄いまま進んじゃって変な感じがします。
まあ、それが狙いで最終回にドンと動く!っていう、思惑におもいっきり乗っかっちゃっているのかもしれませんが。


さて、事件以外のこと。

今回の幸子さんは、まるでたまきさんみたいな事件への関わり方でしたな。
い〜い感じでヒントを出した(笑)。

爪を拾ってあげただけで貸切予約とかすごいけど、まあでも若い女の子なら、会社で幹事を任されることも多いでしょうし逆にそういう機会があるのかも。
飲み放題のない落ち着いたお店という感じですし、高級料理屋というわけではないし、会社の飲み会には良さそう。

花の里で貸し切りっていうあたりになかなか驚きを感じますが。
だって、いつも人がいないし(笑)。

まあ、右京さんは満足がいくまで推理をしてから遅めの時間に店に行くから、夕飯どきの7時前後のタイミングに行っていないんだと思いますが。
今回も、団体さんの皿の片付けをしているタイミングで訪れたみたいですしね。

でも、「最近ツイてるんです」は言わないほうがいいと思うよ、幸子さん。
幸子さんの場合、その言葉はフラグになりかねない(汗)。
無理矢理脱獄させられたり、ツイてると自覚したら怖くなって斜め上の行動取っちゃったり、わけ分からないことばっかり発生していたじゃないですか(笑)。


全然話は変わりますが、右京さんのコート、いかぞの好み的にはダブルはあまり好きではないなー。
マフラーのない濃紺ダブルに赤いネクタイはなかなか派手に見えますな。

いかぞは、濃いブラウンのシングルのコートが昔から好きです(笑)。
右京さん、スーツもいっぱい持っているのに、コートもいっぱい持っていますなぁ。
結構、同じものを着ているとはいえ、焦げ茶・黒・チャコールグレー・紺ダブルは少なくとも何度も出ている気がします。

今回だって、連続5日間経過した話だったので、毎日コートが違いましたね。

そしてきっと同じ色でも形違いもあるはず。
金持ちだな(笑)。

いやまあ、流行に左右されないクラシックなものばかり着ているから、スーツもコートも1年に1枚程度の購入でも55歳過ぎてくればすごい枚数にはなっていそうですが。
今になっても、初期シーズンの格好を見て「この頃こんな格好していたんだ!」っていう他のドラマにありがちなことが全くありませんしね。

プレはスリーピースなのでちょっと雰囲気が違いますが。
でも、あれも流行りはさほどないよね。
(そして当時は刑事貴族2終了から大して時間が経っていなかったからベスト姿に見慣れていたなぁ)


来週は、どうやら輿水さんの脚本のようですね!
今シーズン多いなぁ。

輿水さんは右京さんのキャラクター土台をしっかり作ってくれる人なので(生みの親だし)、今回みたいなシーズンにいっぱい入ってこられるとすごく安心します(笑)。

今シーズンは新相棒なので、もともとミステリーそのものにはあまり期待をしていなかったし。

予告で課長が冠城さんに対して怒っている(しかも右京さん巻き込まれて連帯責任の模様)ようだったことが、すでに楽しみです(笑)。


来週はまた試験があるけれど、まあ時間はちょっとはあるので感想は書けるかなぁ?
長文を書くと、心が癒やされます(笑)。


それではまた。


杉下右京の多忙な休日
朝日新聞出版
碇 卯人


Amazonアソシエイト by 杉下右京の多忙な休日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

目次

Harry Potter Index
相棒 Index
Disney Index




相棒Season14-14『スポットライト』を観ました〜。 いかぞ徒然。(tCoNS統合)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる