いかぞ徒然。(tCoNS統合)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相棒Season14-15『警察嫌い』を観ました〜。

<<   作成日時 : 2016/02/11 01:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週も相棒が終わりましたー。
今日はかなり面白かった!
今のところ、いかぞ的には今シーズントップかもしれません。

ちょっと今、感想を書いていた途中でハリポタニュースに浮かれすぎて内容飛びかけてましたが、いや本当に面白かったです。


やっぱり、輿水さんが書くと、右京さんは言動にいい感じで棘がありますね。
嫌味バリバリ。
右京さんはこれくらい天邪鬼感とドS感がないと(笑)。

そしてこの方の書くゲストキャラは、色が濃い。
今回は、青木さんもヤクザも印象深かったー。


さてその右京さん、今回は終始怒っていましたねー。
冠城さんに細かく細かく苛立ち、青木さんに喧嘩を売られて苛立ち。

でも課長に怒られるとか、完全にとばっちり(笑)。
そりゃ右京さんも怒るでしょ。

いやーもう、冠城さんがいい感じに鬱陶しかった。
動きも考え方も、完全にヒールの立場でした。

でも、「右京さーーーーん」の鬱陶しさより、こういう何か冠城亘という人間のバックグラウンドからくる鬱陶しさは、ドラマとして意味があるので好きです。
いや、本当にイラッとしましたが。


右京さんが何一つ自分から動こうとしていないのに、しかも冠城さんと一緒に動いているつもりもないのに、「我々は」「我々は」「我々は」の連発。

右京さんは基本的に、捜1の「正規の手法での捜査」を根本的に信頼しているし、元々そちらの捜査は任せることが多いんですよね。
ただ、それ以外のものに気がついて、独自の路線から捜査をするというパターンになっているだけで。
なので、王道な捜査をしたい亀山くんやカイトくんにもよく、「そちらは捜査一課の方できちんと調べることでしょう」というセリフを言っていました。

相棒は右京さんの話だから、右京さんが解決する事件ばかりですが。
三浦さんの中の人が以前言ったように、右京さんが関係せずに解決している事件もいっぱいあるわけで。

じゃあそれらになぜ右京さんが手を出さなかったかというと、特に何も引っかからなかった(または好奇心もくすぐられなかった)上、捜1の取っている捜査手法が良手であると思っているからということです。

だから、亀山くんが文句を言っても、特命側で分かっている事実を伝えたらあとは捜査が進むだろうと思えば、情報を捜1に渡して終了、で納得しちゃうんですよ。


今回右京さんは、冠城さんには否定したものの課長の件もあって事件に興味は持ちました。
でも現場を見て、捜1の捜査の方向に引っかかるところもないし、自分で調べたいと思うところはないと結論づけたわけです。つまり、現場の検分だけで右京さんの行いたい捜査は終了。

その後に、偶然青木さんの態度は気になったというだけで、彼が犯人だと思ったわけでもありません。
だから、右京さん的には暇だろうがなんだろうが、自分が動くつもりの事件ではなかったわけです。


なのに、冠城さんは無理に右京さんを動くよう仕向けようと動く。
冠城さんの行動には正義が見えないし、捜査に加わりたい動機も見えないんですよね。

「取調室という密室で何が行われているのかが怖い」とか「善良な一般人に対し別件で差押命令出させるのはどうか」などと正しいことを口にしますが、冠城さん自身は自分がやりたい方向での目的を果たすためなら汚い手をどんどん使っている。

つまり、口で正義を語っても、単純『正しいと決められていること』を理屈として口にしているだけで、信念が伴っていないんです。

礼状を差し止めたのも、本気で正義感からとは思えません。
どちらかというと、正義という名目を振りかざしてゲームをしているかのような。
まだ、神戸くんのようにただ正論だけをぶつけたうえでの行動であれば、右京さんも面倒くさいと思っても怒りはしなかったでしょうが。

まあもっとも、元々彼なりの他の信念の為に行動していて、その他について利用することは特に厭わないという性格だという可能性は高いですけれども。
これまでの描写からも、正義感がないわけではないでしょうし。
ただ何かしらの信念があろうがなかろうが、簡単に超えていいとは思えない一線を超えるのが怖いですね。


右京さんは亀山くんと組んで以降、昔と違って人付き合いができるようになったし、元々「人」を尊重する人なので、バックグラウンドがどうであろうと(前科があろうとホームレスだろうと)受け入れるところはある人だと思います。
なので、普段の付き合いの上では、ベタベタにはならずとも同居人という形で特に敬遠はしないんですよね。

神戸くんの時に冷たかったのは、庁内エスであることをある程度推測して、揺さぶりをかけていたところがありましたし。
まあ、慣れた後はお互いの毒舌をぶつけて遊んでいた感じもありましたが。


でも、右京さんにとって『正義』と『警察官としてのプライド』は、絶対に譲れないところなんですよね。

冠城さんは警察官ではないので、『警察官のあるべき姿』という意味での正義として叱ることはありませんが。
けれど、冠城さんは都合よく『警察官』の立場で振る舞ってしまっている。
つまり、縄張りというか、職場そのものを荒らしてきているわけです。
ただの縄張り意識上での荒らしならともかく、根本的に業務の支障となる荒らし方で。

普段は『警察ってすごいところですね』という第三者の立場を取りつつ、けれど都合よく『警視庁に出向している人間』として警察官同様の捜査を行い(しかも立場上その勝手な行動が咎められにくいと分かっている)、普通使ってはいけないような手段を用いる。

右京さんが、神戸くんや捜1や大河内さんが眉をひそめるような手段を用いる時(ほぼ違法行為)、その責任をしっかりと心得ているんですよ。

正式な方法ではない手段(勝手に家に入るとか)で手に入れた証拠は立件する上での証拠となり得ないから、あくまで『推理の手がかり』や『犯人を自供に追い込む際の手札の1つ』として用いたり。
右京さんは基本緊急逮捕以外の逮捕はしない(捜1に渡す)ので、おそらく、そのような証拠は正式な証拠として使う場合は、すでに犯人としての自供が取れた後で捜1側が正式に押収した形にするはずです。

ずるいとも思われる手を用いる場合も、犯人を追い詰めるための裏ワザとしてです。


ヤクザだと知っていて、わざと「犯人を知っているのに証言を拒んでいる」という現状を被害者の父親に流すとか。
協力って言っても、協力で済まなかったらどうしたんですかね。
あの場が収まっても、もし大分経って事件が解決せずに、青木さんを恨んで暴力的な手段に訴えてきたらどうするつもりだったんですかね。

この父親はとりあえず冷静な面が前に出ている人でしたけれど、「事件のことをチクった」ことで恨むような話なんていくらでもあるのだから、その逆で恨まれることだって普通に考えられると思うのですが。
現に、課長にそういう脅しをかけてきていましたし。

そもそも序盤に、犯人に対しての復讐の可能性についてはきちんと思いついていたのだから、そういう危険性について思いつかなかったとは思えません。

人が傷つく可能性のある手段を使っておきながら、自分の行動を間違っていると思っていないあたりが質が悪い。

右京さんもかなり卑怯な手を使いましたが、しかしそれは青木さんの感情を傷つけることはあっても、彼の身体については全く傷つけないものです。

どちらかといえば、『売られた喧嘩』をしっかり買って手を打った、という形。
まあ右京さんは、「売られた喧嘩は買う、そしてかならず勝つ」とSeason2で早々に断言した人ですし(笑)。

なので、このままだと、右京さんと人として認め合うことはあっても、仕事上では絶対に相棒にはなれないと思いますね。


これまで、正義と信念という方向で右京さんと対立態勢が作られたのは、小野田さんとの『絶対的正義と大局的正義』の戦い、そして神戸くんとの『絶対的正義と倫理的正義』の戦いでしたが。

冠城さんは、どういう立場の人なんでしょうね。
そもそも、対立するほどの正義を持っている人なのかなぁ。

別に完全ヒールというわけではなく、人並みの正義感はもっているかもしれませんが。
行動動機が正義感ではなく、なにか違う目的である可能性だってありますからね。
警察官としての正義、は少なくとも持ち合わせようがないんですから。


最後、久々の右京さんの本気のお説教シーン、入らずに終わってしまうという(笑)。
右京さんのお説教はとても長いものとなりそうですが、本気で怒っても今の冠城さんがしっかりと反省することはない気がするなぁ。
『もつべき正義』を頭で理解しているけれど重要視していない、という、一番やっかいな状況である気がします。


ほんと、冠城さんのバックグラウンドってなんなのかなぁ。
一緒に操作をしている事自体の動機が見えないから、イライラするポイントばっかり溜まっていっています。

ここでいきなり、冠城さんが三雲判事大好きだった人で右京さんの人となりを見極めたいと思って…なんてことはないか(笑)。
やっぱり法務省の職員としての立場からの、警察内部調査なのかなぁ。
最近、『警察内での自浄作用が働かない』という話が結構ありましたし。



ところで。
最後の、証拠隠滅罪の話は面白かったですね。
「他の人が証拠を隠滅したら罪になる」というのは聞いたことがありましたが、犯人本人は証拠隠滅罪に当たらないというのは意識していませんでした。

犯人はそもそも証拠を隠そうとするもの…言われてみれば確かに。
殺人を犯したとして、罪から逃れようと血を拭いたり凶器を捨てたり電話の履歴を消したり、現場に残された1つ1つ見つかれば証拠となるもの全てに『消した』行為に対して罪を問うたら、毎事件すごい数になりますね(笑)。


青木さんは、一体なんであんなに警察が嫌いだったんでしょうね。
警察官だった父親が嫌いだったのか、それとも父親が警察という組織において何らかの犠牲になったのか。

どちらにせよ、いくら警察が嫌いでも、だからといって警察から隠している殺害シーンの動画を観て楽しみながら食事ができるとか、性格が歪んでいるにもほどがあると思いますが。

まあ、そこは事件とは関係のない『一般人の事情』なので、右京さんがツッコむこともありませんでしたが。



話は変わって。
今回、課長がご活躍でしたね。
登場場面が多いという意味で(笑)。

序盤のお父さんヤクザとのシーンは何か好きでした。
このヤクザの人、ちょっと、昔出てきた高利貸しのボスみたいな雰囲気でしたね。
右京さんと仲良くなりかけて、「あなたのような人は嫌い」と振られた人(笑)。


右京さんに八つ当たり気味に怒ったシーン、「もったいぶってないで、とっとと今回の件にケリをつけろ!」には笑いました。
右京さんは何もしてないし、なにより特命係はこの事件の担当じゃないぞー(笑)。
こう、怒っているのに右京さんの推理力にものすごく信頼をおいているから、なんか言っていることが斜め(笑)。

しかも、あの写真は多分怒った後に普通に協力しましたよね。
短気なのにお人好し。

まあ、「特命が調べてないなら、そいつ犯人じゃないんじゃないの?」みたいなツッコミを昔捜1に入れたこともありましたしね。

それにしても昔から課長は結構、怒ると攻撃的ですねー。
言うことがキツくなるというか。
今回は大木さんを蹴ってましたし。まあ、犯人に飛び蹴り食らわせたこともあったか。
普段から怖い人達を相手にしている部署だから、興奮すると恫喝したくなるのかな(笑)。

昔テレビで、元そういう担当の課の刑事さんだった人が「うちの部署はだんだん皆そういう方面の人みたいな雰囲気になる」とか言っていましたし。
大木さん小松さんは、容貌的にまさしくそれなんだろうな(笑)。


それと、幸子さん。
というか、冠城さんの幸子さんへのアプローチ。

冠城さんは、完全に幸子さんを右京さんの恋人だと思っているんですかね…誰か否定してくれ。
まあ、米沢さんが前に思わせぶりに言葉を濁したりしたから余計かなぁ。

前科がある(しかも殺人未遂)って知ったのに、それでもアプローチするのはある意味肝が座っていますが。
本気でなく遊びで手を出そうとしているなら、右京さんが二度と花の里に入れないように色々画策すると思います(笑)。



そういえば。
今日は演出も好きでした。
ちょっと死体の状況とか土ワイ風でしたが(無駄に肌を出したシチュエーションにする)。

カメラワークが今回も面白かったですね。
刑事部長の、壺から飛び出てジャジャジャジャーン、はありませんでしたが(笑)。

いろいろな角度から映しているので、奥行きが感じられるのがいいです。
それなのに、しっかり表情も映していますし。

今シーズンは、画面の色は基本暗めですね。
グレーがかっているといいますか。
Season5あたりのブルー画面よりも好きかな。
シーズンによって色味が違うのは、やっぱりなにか意味があるんでしょうね。
テーマ的な。


今回は最終回に続く伏線があるという触れ込みがありましたが、というとつまり最終回も輿水さんが書かれるんですかね。
動く部分は、冠城さん自身の真意がどこにあるのか(なぜ警視庁に居座っているのか)、日下部さんの真意はどこにあるのか、あたりがまずメインでしょう。

今日の内容的に、日下部さんに冠城さんの動向をチクったのは誰か、なぜ右京さんをけしかける(あるいは挑発する)行動に出るのか、あたりが伏線ですかねぇ。


今シーズンの相棒も、あと4回位ですかね?
シーズンいくつまで続くのかなぁ。


それではまた。


相棒 season 1 ブルーレイBOX (4枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2014-07-23


Amazonアソシエイト by 相棒 season 1 ブルーレイBOX (4枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

目次

Harry Potter Index
相棒 Index
Disney Index




相棒Season14-15『警察嫌い』を観ました〜。 いかぞ徒然。(tCoNS統合)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる