いかぞ徒然。(tCoNS統合)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相棒Season15-3『人生のお会計』を観ました〜。

<<   作成日時 : 2016/10/26 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

今日も相棒が終わりました〜。
なかなかおもしろかった♪

以下、ネタバレありの感想なのでご注意。




まあ、火サスとかで聞いたことのある話だなという感じでしたね(笑)。
最初、谷中さんが山本さんに頼まれて山本さんを殺したのかなと思いましたが、警察での態度が『山本さんが死んだことを本当に知らない』というものだったので、序盤からその線がなくなりました。

どちらにしろ、代理の復讐というのが目的となって動くという流れは誰から観てもわかりやすい話だったでしょうか。

ただ面白かったのは、谷中さんも山本さんも、結局『人を殺すことが出来ないタイプの人』だったことでしょうかね。

今回全般的に台詞回しがちょっと舞台っぽい、芝居がかった色があるので、伏線なのか単なる演出なのかが微妙だったのですが、山本さんの最初の態度に違和感があったのが、最後でやっぱり腑に落ちたという感じがしました。

正直、山本さんが自殺から助けられてから身の上話を語るまでの流れが不自然な上にいきなりすぎて、実は誰か人がきたら自殺を実行しよう(そして止めてもらおう)と思っていたんじゃないかな、と感じました。
思ったよりしっかり首が引っかかってしまって、谷中さんがこなければ本当に死にそうでしたが、実は誰かに話を聞いてもらいたくて自殺未遂をしたんじゃないかなと。
手首を切る自殺をする人の一部にいるタイプですよね。
演技、というわけではなく、苦しみからの自傷行為かつ無言のSOSというような意味で。

多分、殺すことも死ぬことも、命にかかわることは皆怖いっていう人なんじゃないかと。


殺したくてもためらってしまったから、田島を見失った。
そしてその後に田島の居所を知ったけれど、やっぱり殺すことに踏み切れなかったから、金を脅し取るという『じわじわした復讐』を選んだという感じでしょうか。

そして谷中さんも同様に、殺人以外のことならば色々と踏み切れたのに、やっぱり殺すことにまでは踏み切れない。
なので、殺す以外の方法で確実な復讐を遂げようという計画になったのでしょうね。

ただ、いくら山本さんの娘さんの自殺現場とはいえ、わざわざ最後を崖にしたのはなんだかセットアップ感がありすぎたかなぁ(笑)。
お膳立て度合が甘すぎるというか。
田島の奥さんを呼び出すことで、冠城さんの目をそらし田島をひとりにする、という流れまではしてやった感があってよかったので、なにかちょっと中途半端になってしまった印象を受けました。

そこまで、確実に成功する方法を選んでいったのが、最後に追いつかれたりするリスクを高める方法を選んでしまった、みたいな。

それに、自殺の説得というのは、ドラマ内で成功で終わらせるように作ると、やっぱりご都合感がありすぎるとも感じました。

谷中さんは、死の宣告を受けた直後に山本さんの話を聞いて、最後の大きな目的を仕立てることで、自分の死の絶望から使命感に置き換えたはずです。
そこから目的を奪うことは、ただの「最後に1回位役に立ちたかった」という言葉そのものの重みどころではなくて、結局何も成し遂げられなかったという絶望とともに、唐突に意識が現実に引き戻されて、自分の人生への絶望感や死への恐怖が一気に舞い戻ってきたことでしょう。

それを、いくら右京さんでも、あれくらいの説得でどうにかなるようなものじゃない…というか、さすがに今回の右京さんのセリフには覆すほどの力がなかったように思います。

しかも月単位の余命を言うような病気であればおそらく悪性腫瘍ですよね。
数値が良くなってきたから希望が持てますよ、とか何その軽い覆し方。

なんか、序盤はともかく、終盤の崖まで結構いいテンポで面白かったので、最後だけちょっと残念でした。

自殺させないならいっそ、山本さんと同じく谷中さんも「死ぬのも殺すのも怖い」という色を出して、本当に何も出来ない感を出したほうが、逆に実は病気が大丈夫かもとなってもなにか救いがあったような気もします。
もしくは、そのまま病気が治らず死と生とを見つめざるをえないような最後にするか、はたまた右京さんも止められず自殺してしまうか。

心の流れ的に唐突感があって機微にかけた感じがしたので、もう少しそこがよければよかったのになぁ、という印象でした。
多分、舞台っぽいせいで、セリフが『ドラマチック』であって、自然さに欠けたんだろうな。

あとあと、最初あんなにイタミン絡めたんだから、事件を解決していく過程でも絡めてほしかったかなぁ。
なんか、無理矢理準レギュラー出しました感が(笑)。
途中だけちらっと協力するなり、現場で鉢合うなり、はたまたあの「上司にしたいランキング」的な話が実はちらっと事件解決のヒントになる考え方だとか、なにかそういう昔の相棒にあったような細かくてうまい伏線がねぇ…最近ないよなぁ、そういうの(汗)。


でも、全般通してはなかなかおもしろかったです。



それではまた。






相棒 season14 中 (朝日文庫)
朝日新聞出版
輿水泰弘ほか


Amazonアソシエイト by 相棒 season14 中 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のシーズンに入ってから脚本のダメさに辟易しています
そろそろ終わったほうがよいドラマになってしまいました
左京
2016/11/24 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

目次

Harry Potter Index
相棒 Index
Disney Index




相棒Season15-3『人生のお会計』を観ました〜。 いかぞ徒然。(tCoNS統合)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる