いかぞ徒然。(tCoNS統合)

アクセスカウンタ

zoom RSS 相棒Season11-17『ビリー』を観ました〜。

<<   作成日時 : 2013/03/20 00:14   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

というわけで、16話に引き続き17話目も視聴。
これはかなり面白かったです!!

いやあ、典型的な『ミスリード』を楽しむ形の作品でしたね!
もっとも、最終的にわざわざ『英国に高飛び』する可能性のある人間が2人しかいないあたり、選択肢は少なかったですが。
すでにチケットを持っているであろうマスターと、「アメリカ人ですらなかったんですね〜」なんて印象をつけられた英国人しか考えられませんでしたから。

こういう作品構成的に楽しむものって、観た後で「ずるい〜」となりがちなところがありますが(小説で言えば『イニシエーションラブ』とか)、今回の場合、岩槻さんの紹介という意味でのキャラクター描写の濃さと、犯人の追及が英語になるという『見せ場』があるところで、逆に盛り上げる形になってよかったと思います。


いかぞ的には、マスターは高飛びをした後の生活手段がなさそうなので「??」という感じでしたし(でも既に持っていたチケットを利用して逃げるというのはありえるかもとも思った)、英国人は出てきてもいないのにまさか犯人とも思えない(しかも相棒では最後にしっかり右京さんに追及されるような犯人の立場の外国人はまだいなかった)し、と、どちらもなさそうで絞り込めませんでした。

ここまで絞り込めないということは、案外まったく別の人!?とか混乱しましたよ(笑)。
動機も見えなかったので、余計に絞れませんでした。

とはいえ、結局のところ、動機は考えれば一応思いつけなくもないものではありましたね。
SNSで連絡を取られて会うところまで行くか?というのがジョンに絞り込めない理由のひとつでもあったのですが、お金を搾取しきれていないことでジョンに接触を図ろうとする、というのは、それなりに説得力がある理由だと思いました。

バカだな、とは思いましたが。

ネットを使った犯罪の有益なところは、身元が割れにくいところですよね?
それを、わざわざ第三者に顔をさらしに行くってどうなんだろう。
殺されなくても、犯罪の発覚のリスクがものすごく高まりますよね。

殺されたからこそ犯罪が発覚しましたが、そうでなければ誰にも顔を見せず完全犯罪に近かったのに。
たとえまだあと数百万取れるところであろうと、顔が割れることによるリスクと秤にかけるとは・・・まあ、意図的に犯罪を犯すような人間ですから、どこか愚かなところがあるのだと納得しておこう、うん。


それにしても、今回は本当に色々と印象的な場面が多かったですね。
映画の宣伝を意図した作品であるからか、サービスシーンが多かった!


そのうち特筆するものはやはりこれでしょう。


とうとう、捜査に英語が使われた!!(笑)

これまで、右京さんがメールでアメリカの知り合いの警部に問い合わせをした(その答えが来た)シーンなどはありましたが、まったく話す場面はありませんでしたからね〜。
イギリスロケもあり、オリジナル小説ではイギリスで探偵をするまで(日本の警察官なので結局はイギリスでは一般人の立場)右京さんの英語ペラペラはオフィシャルなのに、実際にまともな英語を聞くまでに13年かかったという(笑)。


というわけで、以下、とりあえずいかぞが聞き取った内容です。
記念に書いておきます(笑)。

IIwatsuki: Because you are returning to your country, you cancel your cell phone contract, right?
John: Yeah.
Iwatsuki: It's sured, e-analysis detailer, that regards to delete the video was sent from your cell phone to the video site.
Ukyo: It was obvious that, er, that you used translation soft-ware, since the japanese sounded a little unnatural.
John: Look, I sent the del request because someone downloaded my commercial without my permition. Yeah? Isn't that a crime? Yeah? Right?
Ukyo: No, not at all. But a murder is a serious crime.
Kaito: Aeneas; Gentle & Active.
Iwatsuki: The shoes from the web commercial you are in.
Ukyo: You are wearing same shoes, right now.
Iwatsuki: After the filming, You either got them or bought them, didn't you?
Kaito: They seem like the same size. Same one.
Ukyo: Moreover, If the marking on the bottom of the shoes and wear pattern in the match, that's to precise you were at the scene of the crime. You understand that.
John: It was the self-defence. IT WAS SELF-DEFENCE!!

ええっと、岩槻さんの台詞は4人の中で一番発音が聞き取れなかったので、所々間違えているかもしれません。
岩槻さんものすごい聞き取りにくいです。
cancelも『セル』のセが強音になっていたのでcanと動詞かと思った(汗)。
that regardsの前は絶対に間違えていると思います。主語がないし。

あ、右京さんの最後のあたりの台詞も、ちょっとあやふやかもしれません。
まあでも、字幕とあわせて考えても、大体こんなもんでしたね。

もっときちんと聞けた方、正解を教えてください(笑)。


右京さんは、英語だとさらに攻撃的な感じがしましたね。
特に"You understand that."の部分はおそらく、右京さんがよく言う「お分かりかと思いますが」を意識したものかと思いますが、反論を許さない感がかなり強かったです(笑)。
語尾に置かれたから余計かな?

彼の発音は、一応イギリス英語を意識しているのかな…1語1語がはっきりしていましたね。
攻撃的な感じも相まって、ちょっと軍人さんっぽかったですが(笑)。
水谷さんはアメリカの方とご結婚されていたことがあるので、もっとアメリカ英語的になるかと思っていましたが、きっと発音指導がついたのでしょうね。


ところで。
右京さんが英語を話せるのはもちろん当然のことですが、岩槻さんは理系だから話せるという感じですかね。
いかぞが理系なのでそう思うのかもしれませんが、理系(特に電子通信系)は、英語の関わらない文系の方以上に英語が必要になる印象です。

なぜならば、4年制大学でさえ、英語の論文雑誌を読む必要があったりするからなのですよ(汗)。
就職後も、IT分野などの技術者になれば、英語は必要になりますからね。
いかぞも卒業研究では読む必要がありましたし、就職してからは、自社でこれから日本で売り出す予定のサーバ(まだ英語でしか仕様書などがない)を紹介する資料を作ったりなどもしたものです。
高校の頃は英語が苦手だったので、理系だから大学に入ったら解放されるかと思いきや、文系の友達よりも使っているらしきことにガックリきたものです(笑)。

IT系は新しい技術がアメリカ発進であることが多いので、サイバー犯罪に携わり、海外のサーバを経由した犯罪等に多く関わらなければならない彼は、英語が話せても不思議ではないという感じがしますね。
警察の中でそういった専門部署につけるということは、それだけ能力が高いということなのでしょうから、そのために必要な英語力を持っていることも当然といったところでしょうか。

カイトくんはなんとなく、学歴のある親を持つお坊ちゃまなので、子供の頃から習わされたりしていた気がする(笑)。
それに、初回での海外での自然な振る舞いを考えても、海外の旅行にも慣れているのではないでしょうか。
こちらも、そういう背景から話せるのが自然に見えましたね。

いきなり英語を喋る3人組の後ろに、捜一トリオを置いて反応を見せて欲しかった(笑)。


日本のドラマの外国の俳優さんは、なかなかに下手なことが多い印象が強いのですが(配役としてあまりニーズがないせいか、演技の出来る外国の方があまりいないのですかね)、Johnさん役の人は台詞もナチュラルでしっかりした演技だったので、きちんともっと、いつもの相棒のように、自供の様子までこの対決シーンで見たかったかな。
でも、そうすると、受け答えをする3人の刑事役の人たちの英語台詞が莫大に増えるので、大変さを考えると仕方がないのかも(笑)。



さて。
次に印象的だったのが、やはり岩槻さんの初登場ですね。
まだX-DAYの上映が始まっていませんが、思わず観たくなるような作りになっていましたね〜。

だって。

何なの、あの岩槻さんの伊丹さんへの絶大な信頼(笑)。
そんなに活躍するのか!!
いや、主役なんだから当たり前ですが!(笑)

しかも、伊丹さんに対しては、「知り合いだと思われたくない」とか結構冷たい態度という。
よっぽどX-DAYで無茶をさせられたということなんでしょうね。

まあでも、今回の話があったということは、とりあえずX-DAYを越えても伊丹さんも岩槻さんも辞職に至るようなことにはならなかったということですから、とりあえず映画は安心して観られますね(笑)。



上記2点以外では、細々とした笑えるやり取りも今回は印象的でした。

女心分からないブラザーズは笑ったわ・・・。
そこに至る流れでしっかりとカイトくんとトリオの残り2人から「(女性相手は)こりゃダメだ」扱いされた上での決定的なシーンだったので、最高でした。

そうですね、女性を騙す犯罪は、つまりは女性心理を着いた犯罪なんですから、右京さんと伊丹さんに任せちゃいけないですよね(笑)。
右京さんなんて、今は忠告してくれたりヒントを与えてくれるたまきさんも近くにはいませんしね。

倒れた被害女性を前に、おろおろする伊丹さんと写真を持ったまま固まる右京さんが可愛かった(笑)。


最初のFaceGood(FaceBookからとったというのがなんとも分かりやすいネーミング)に対する右京さんの反応も面白かったですね。

「仮に悦子さんのこの友人が殺されたとして…」って、勝手に殺すな(笑)。
仮定が酷さが笑えます。
私も考えましたけれどね。
結局は、右京さんは根っからのミステリー好きなんだろうなぁ。

実際に殺人が起こるのは許せない一方で、思考で遊ぶ上ではミステリーは楽しい、という感じでしょうか。
そして現実にも役立つという。

鑑識でのカイトくんの「捜査にFaceGoodを使ってみたいみたいです」も笑えました。
いやいやいや、初めてSNSを知ったおじいちゃんじゃないんだから(笑)。


右京さんはパソコン自体は使いこなせるでしょうが、SNSなどには参加していないんでしょうね。
以前掲示板から情報をもってきたのも、亀山君でしたし。

なにより、ブラウザ版はともかく、右京さんはガラケーなのでアプリ版で手軽に利用ということも出来ませんしね。
でも趣味の多い人なので、SNSをサークル的使い方をすれば結構楽しい気もするんですけれどね。

ちなみにいかぞは、FaceBookではオフィシャルから情報をとるのがメインかな。
実名で出してあるので、音信普通気味になっていた友人と連絡が取れたことはなかなかよかったです。

mixiは、サークルのような利用をしていましたね。
ハリポタとか相棒のファンコミュに参加している状態です。
最近はちょっとmixiはご無沙汰・・・
なかなかに、愛情が強すぎて現在の全てを批判する人が多くなってしまい、見るのが疲れてしまって(^_^;)

まあ、こういうのが知らない人が集まるSNSの難しいところなのかもしれません。


いや〜、今回は本当に、ファンサービス的な楽しさもツッコミどころも多い、いい回でした。
やっぱり今年は好みのお話が多いです。


それではまた。






相棒シリーズ X DAY (小学館文庫)
小学館
2013-02-06
大石 直紀
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 相棒シリーズ X DAY (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
最近のmixiの相棒コミュは揚げ足取り目的の方が多いですよね
話の作り方が確かに甘いのが最近多いのはありますが、だいたいは新人の作家さん使ってる時がほとんどなので、私はそこは仕方ないのかなと思いはしますが(^^;
批判してる人で神戸がいないからおかしい云々、水谷さん批判や番組批判、政治の成り立ちの組み込み方の批判してる方もいますが、そこまでしてなんで見るのか理解できませんね
百日紅
2013/03/20 13:06
>百日紅 さん

そうですね〜、昔からの典型的な日本のドラマに慣れている人は、伏線は張った時に回収の予定が立っているのが当然、という感覚なのかもしれませんね。
私はアメリカドラマを昔からよく観ていたので、次のシーズンがあるかどうか分からなかったり主役級がいなくなることにも結構免疫があるのですが。
作品に対する好悪はともかく、推測の域を出ない制作の背景への批判は、私もさすがに苦手ですね。
喜んだりツッコミを入れたりしつつ、純粋に楽しみたいものです。
いかぞ(管理人)
2013/03/21 13:33
相棒のシーズン1はシリーズにする予定なかったので、伏線を張った感じですが、シーズン2からは伏線はないと公式で言ってましたよね
8でたまたま神戸くんが来た設定を最終回でうまく櫻井さんが使った感じですし
昔の連ドラは人気出ると長く続いたりしてキャストさん入れ代わりが多かったし、相棒もそんな感じがします
それに仲が悪かったとしても作品がちゃんと出来てれば問題ないと思うんですけどね
百日紅
2013/03/21 13:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

目次

Harry Potter Index
相棒 Index
Disney Index




相棒Season11-17『ビリー』を観ました〜。 いかぞ徒然。(tCoNS統合)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる